ライースリペアの全成分を解析|毒性判定の結果は?

 

ライースリペア化粧水・美容液・クリームの全成分

 

 

インナーモイスチュアローションNo.11の全成分

水、エタノール、1,3‐ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、トリメチルグリシン、メチルパラベン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、2‐アミノ‐2‐メチル‐1,3‐プロパンジオール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(25E.O.)(30P.O.)、クエン酸ナトリウム、精製大豆レシチン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、グリチルリチン酸ジカリウム、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、植物性スクワラン、カミツレ油(2)、水酸化大豆リン脂質、アルカリゲネス産生多糖体、ショ糖脂肪酸エステル、天然ビタミンE、クエン酸

 

毒性判定の結果

水、エタノール、1,3‐ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、トリメチルグリシン、メチルパラベン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、2‐アミノ‐2‐メチル‐1,3‐プロパンジオール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(25E.O.)(30P.O.)、クエン酸ナトリウム、精製大豆レシチン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、グリチルリチン酸ジカリウム、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、植物性スクワラン、カミツレ油(2)、水酸化大豆リン脂質、アルカリゲネス産生多糖体、ショ糖脂肪酸エステル、天然ビタミンE、クエン酸

 

赤字判定成分詳細
成分名 種類
精製大豆レシチン

合成界面活性剤、乳化剤

ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル

合成界面活性剤、乳化剤

水酸化大豆リン脂質

合成界面活性剤、乳化剤

ショ糖脂肪酸エステル

合成界面活性剤、乳化剤

 

インナーモイスチュアエッセンスNo.11の全成分

水、デカメチルシクロペンタシロキサン、エタノール、濃グリセリン、メチルポリシロキサン、1,3‐ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、2‐エチルヘキサン酸セチル、オリブ油、ポリオキシプロピレンメチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、ポリアクリル酸アミド、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、バチルアルコール、軽質流動イソパラフィン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、メチルパラベン、キサンタンガム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、天然ビタミンE、グリチルリチン酸ジカリウム、エデト酸二ナトリウム、植物性スクワラン、オレンジ果汁、モモ果汁、カミツレ油(2)、クエン酸、水酸化ナトリウム

 

毒性判定の結果

水、デカメチルシクロペンタシロキサン、エタノール、濃グリセリン、メチルポリシロキサン、1,3‐ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、2‐エチルヘキサン酸セチル、オリブ油、ポリオキシプロピレンメチルグルコシドセスキステアリン酸メチルグルコシド、ポリアクリル酸アミド、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、バチルアルコール、軽質流動イソパラフィン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、メチルパラベン、キサンタンガム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、天然ビタミンE、グリチルリチン酸ジカリウム、エデト酸二ナトリウム、植物性スクワラン、オレンジ果汁、モモ果汁、カミツレ油(2)、クエン酸、水酸化ナトリウム

 

赤字判定成分詳細
成分 種類
ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体 合成界面活性剤、乳化剤
ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド 合成界面活性剤、乳化剤
ポリオキシプロピレンメチルグルコシド 合成界面活性剤、乳化剤
セスキステアリン酸メチルグルコシド 合成界面活性剤、乳化剤
ポリオキシエチレンステアリルエーテル 合成界面活性剤、乳化剤

 

インナーモイスチュアクリーム No.11の全成分

水、1,3‐ブチレングリコール、2‐エチルヘキサン酸セチル、植物性スクワラン、メチルポリシロキサン、濃グリセリン、ホホバ油、メドウフォーム油、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、ミリスチン酸ミリスチル、ミリスチルアルコール、ステアリン酸、N‐ラウロイル‐L‐グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2‐オクチルドデシル)、エタノール、モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、モノステアリン酸ソルビタン、トリメチルグリシン、バチルアルコール、N‐ステアロイル‐L‐グルタミン酸ナトリウム、メチルパラベン、オレンジ果汁、天然ビタミンE、ブチルパラベン、プロピルパラベン、エデト酸二ナトリウム、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、モモ果汁、キサンタンガム、ノバラエキス、クエン酸、クエン酸ナトリウム

 

毒性判定の結果

水、1,3‐ブチレングリコール、2‐エチルヘキサン酸セチル、植物性スクワラン、メチルポリシロキサン、濃グリセリン、ホホバ油、メドウフォーム油、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、ミリスチン酸ミリスチル、ミリスチルアルコール、ステアリン酸、N‐ラウロイル‐L‐グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2‐オクチルドデシル)、エタノール、モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、モノステアリン酸ソルビタン、トリメチルグリシン、バチルアルコール、N‐ステアロイル‐L‐グルタミン酸ナトリウム、メチルパラベン、オレンジ果汁、天然ビタミンE、ブチルパラベン、プロピルパラベン、エデト酸二ナトリウム、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、モモ果汁、キサンタンガム、ノバラエキス、クエン酸、クエン酸ナトリウム

 

赤字判定成分詳細
成分 種類
自己乳化型モノステアリン酸グリセリル 合成界面活性剤、乳化剤
モノステアリン酸ソルビタン 合成界面活性剤、乳化剤

 

成分解析結果まとめ

 

成分解析を行った結果、赤字判定されたのはすべて「合成界面活性剤、乳化剤」でした。これは、一般的に出回っている化粧水・美容液・クリームなどなら、当たり前に使われている成分ばかりなのであまり気にする必要はないでしょう。

 

でも、ものすごく敏感な肌の人や、どうしても合成界面活性剤が苦手な人は避けてくださいね。

 

有効成分ライスパワーNo.11の働き

 

さて、界面活性剤や乳化剤ばかりを判定してきましたが、ライースリペアの魅力はなんといっても、医薬部外品の有効成分「ライスパワーNo.11」!

 

「ライスパワーNo.11」は角層をうるおすのはもちろんですが、さらに奥の基底層まで浸透し直接細胞に働きかけます。そして、健康な肌に欠かせないセラミドなどの細胞間脂質を増やすチカラをアップ♪

 

肌の表面だけを保湿するだけじゃなく、乾燥の根本にアプローチしてくれるんです。

 

世界唯一の皮膚水分保持機能改善効果実感

 

ライースリペア

 

ライースリペアには界面活性剤や乳化剤が使用されていますが、どれも成分をしっかり混ぜたりするのに必要な成分。それが、浸透が良くベタつかない使い心地にも役立っています。

 

「ライスパワーNo.11」の働きとパーフェクトな仕上がりは、まずトライアルセットで体感してくださいね。

 

\ 満たされた上質肌へ /