乾燥・毛穴・肌荒れ!ライースリペアで期待できる効果とは?

乾燥・毛穴・肌荒れ!ライースリペアで期待できる効果とは?

 

 

ライスパワーNo.11は世界で唯一認められた有効成分

 

ライースリペア

 

ライスパワーNo.11は、医薬部外品の有効成分として厚生労働省から認可されている成分です。その効果・効能は、皮膚水分保持能の改善。セラミドをはじめとする細胞間脂質の増大が認められています。

 

この効果を生み出す成分は、世界で唯一「ライスパワーNo.11」だけなのです!

 

医薬部外品と化粧品の違い

有効成分として認められていますので、ライースリペアは化粧品ではなく医薬部外品に分類されます。医薬部外品は化粧品よりも効果・効能をはっきりと示せるもの。

 

有効成分が一定濃度配合されている証しです。

 

角層の奥、基底層まで浸透

 

 

化粧品は角層までしか浸透してはいけませんが、医薬部外品のライースリペアは基底層までの浸透をはっきりと書いています。ここまで浸透するからこそ、細胞間脂質の増大につながるのです。

 

肌の土台が整うと、こんな効果も!

 

 

ライスパワーNo.11で「皮膚水分保持能」が改善されると、肌が土台から整ってきます。それに伴って、こんな効果を感じるようになるでしょう。

 

乾燥

まずは、肌の乾燥!皮膚の保水する能力が高まるので、自分本来の肌で潤うチカラが高まります。ベタベタと不快な保湿をしなくても、肌が乾燥しないのは感動ですね♪

 

ニキビ・肌荒れ

乾燥による水分不足で、ニキビや肌荒れを引き起こすことがあるのが大人の年齢肌。肌の土台を整えることで、生理前や季節の変わり目のトラブルにも強くなります。

 

毛穴

細胞間脂質の増大によって、ハリのあるふっくらとした肌が実現。弾力不足でゆるんだ毛穴ケアにもぴったりです。

 

敏感肌

土台が整うということは、肌のバリア機能もアップ!紫外線やアレルゲンなど、外部刺激にも強い肌を育てましょう!

 

化粧水・美容液・クリームそれぞれの役割と使い方

 

ライースリペア

 

インナーモイスチュアローションNo.11

 

RAIZrepair

 

ライスパワーNo.11を素早く、肌の奥深くまで届ける化粧水

 

化粧水は肌なじみが良いため、洗顔後のうるおい成分が流れてしまった肌にライスパワーNo.11をスピーディーに届けます。ここでみずみずしい肌に仕上げておくことで、次のエッセンスの入り具合が変わってきます。

 

効果的な使い方

 

 

使用量は500円玉大
コットンは使わずに手でハンドプレス
頬から使い顔全体から首筋にかけて

 

 

インナーモイスチュアエッセンスNo.11

 

RAIZrepair

 

ライスパワーNo.11を、肌全体にゆっくりと届ける美容液

 

化粧水は基底層に素早く有効成分を届ける役割でしたが、美容液は基底層だけでなく角層の隅々までゆっくりとライスパワーNo.11を届けます。3つのアイテムの中で、最も高濃度なのが美容液なので、プラスすることで長時間働きかけてくれます。

 

効果的な使い方

 

 

使用量は2プッシュ
手の平全体に伸ばして、頬から押し込むようにつける
気になる部分には1プッシュ分重ねづけ

 

使用時と保管の注意点

 

 

使う前は振ること、保管時は逆さにして置きましょう。

 

インナーモイスチュアクリーム No.11

 

RAIZrepair

 

ライスパワーNo.11を肌表面に長時間留めるクリーム

 

スキンケアの最後に使うクリームは、しっかりとフタの役割を果たします。最初に浸透した化粧水と美容液の有効成分を内部に閉じ込め、角層に長時間留まることでバリア機能を高め、外的刺激から敏感な肌を守ります。

 

効果的な使い方

 

 

清潔な手かスパチュラで、パール粒程度を使う
額・両頬・鼻・あごの5か所に置く
顔全体にやさしくなじませます

 

ライースリペアでなめらかで上質な肌へ

 

化粧水・美容液・クリームと正しく使っていくことで、ライスパワーNo.11が無駄なく肌全体に広がります。

 

また、浸透スピードや持続性、留まる場所も異なるので、長時間しっかりと水分保持能に働きかけて、ハリのある上質な肌に導いてくれますよ。

 

\ 満たされた上質肌へ /